読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

taoの体臭対策ブログ

気になる体臭の対策方法を調べたり、知った知識を紹介するブログ。石鹸やデオドラント、サプリメントとか効果がありそうなものも紹介しようと思います。

ストレスは体臭の原因になるから溜め過ぎないで!私が実践した究極のストレス解消法も紹介

ストレスは体臭の原因になるから溜め過ぎないで!私が実践した究極のストレス解消法も紹介

こんにちは、Taoです。

 

最近ストレス溜め込んでいませんか?

 

ストレスが溜まるとイライラしたり、気分が落ち込んだり、悪化すると体調にも影響を与えてしまいます。

 

特に日本人は責任感が強く、真面目な性格の人が多いと言われていますね。確かにこの気質のお陰で今の日本はここまで発展してこれたのかもしれません。

 

ですが、ストレスを過度に溜めるのは体臭にも良くないんです。そこで今日はストレスと体臭の関係について紹介しますね。

ストレスと体臭の関係

ストレスは体臭には密接な関係があります。その理由は、ストレスによって活性酸素が発生すること。そして、自律神経が乱れることにあります。

活性酸素で皮脂が酸化して臭いが発生する

活性酸素は体を酸化させて老化させる原因だと言われていますが、少しの量だったら問題ありません。多くなりすぎるのがいけないんです。

 

しかし、ストレスは活性酸素を大量に発生させてしまいます。

 

活性酸素が多くなり過ぎると、皮脂が酸化されてアルデヒド脂肪酸などの臭い物質が発生してしまうんです。そのためストレスによる臭いは結構きつい臭いになります。

自律神経が乱れて汗や皮脂の分泌が多くなる

ストレスは自律神経の交感神経を優位にさせます。交感神経は主に興奮時や緊張時に活躍する自律神経です。

 

緊張すると汗がたくさんでるのはこの自律神経が優位になっているからなんです。汗や皮脂が必要以上に多くなればそれだけ臭いにもなります。

ストレスによる体臭を防ぐには、、、

ストレスによる体臭を防ぐには、趣味をしたり好きなことをしてストレスを溜めないことです。

 

また、ストレスに対する捉え方を変えるといいですよ。ストレスはどこから来ると思いますか?

 

もしかしたらストレスは外にあり、外から来ると思うかもしれません。しかし、実は自分の内面から来ると言えます。と言うか作るですかね。

 

例えば、「隣の部屋から聞こえる子供の声」が聞こえた時にこれを騒音だと思ってストレスになる人もいれば逆に楽しそうでいいなと感じる人もいますよね?

 

こんな感じでストレスになるかならないかは、物事に対して自分がどう捉えるかによって変わってきます。これって当たり前かもしれませんが、意外と気づいていない人が多いのではないでしょうか。

 

ストレスは外から来ると思っていると自分は受け身になり、ストレスを感じてしまいます。

 

でも、ストレスは自分の内側から来るものだと知ればどうですか?

 

後は自分がなぜストレスに感じているのかを分析し、その捉え方を気持ちのいいように変えてあげればいいんです。

ストレスに気付かない場合もあるよ

ただこれは自分がストレスを感じている場合は有効ですが、自分の気持ちに鈍感な人は難しいでしょう。ストレスを感じていることすら気づかなので。

 

以前の私もそうでした。

 

しかも「ストレスなんてみんなある!そんなの弱音だ。」と思っていたほどです。なので自分にストレスがあることを認めませんでした。

 

こんなに鈍感になってしまったのは、今まで自分の気持ちを無視してきたからだと思うんです。

 

例えば、「大人とはこうあるべき」という大人像があると思います。

  • 大人なんだからこんなことしない
  • やりたいけどもういい大人だし
  • 学生みたいなことはしない
  • 大人は嫌なことでも我慢するものだ

以前の私はこのような事を考えていました。そして、やりたいこと我慢して本心ではやりたくないことを「誰かが作った大人像」になるために一生懸命やっていました。

 

その時はそれが当たり前なんだ。そうでないといけない。そうでないのはダメな大人なんだ。と言い聞かせて過ごしていたんです。

 

嫌いな仕事もほぼ完ぺきにこなしていましたよ。やることをやるのは当たり前。それ以上の作業をしなければと一生懸命でした。

 

確かに好きな仕事だったらこれはいいことです。と言うか、好きな事なら無理して頑張らなくても自然に一生懸命になっています。。。

 

ですが、そうでないのに無理やりやるのはなんか違う気がします。

 

そのためか当時のtaoはヒドかった。休日になるとうまい飯、甘いケーキをたくさん食べてお酒もかなり飲んでました。まるで現実を忘れるかのようにムシャムシャ、ガブガブと・・・。

 

そして、ちょっとしたことでイライラしたり、友達の幸せそうにしていると妬んだりと。今考えるとまるで別人のようでしたね。

 

でも、今思い返すと溜まっていたんですね。ストレスが・・・。

 

こんな感じで当時の私のように何も疑問を持たずに思考停止させ、誰かが作った「こうあるべき姿」が当たり前と信じること、、、

それが「ストレスに鈍感な自分」にしてしまうと思います。

 

なので、難しい外の問題を考えるだけでなく、もっと自分の気持ちについて掘り下げる「思考」をしてみてはどうでしょうか?

 

そして、自分の気持ちにもっと素直になることがストレスを溜めないためには大切だと思うんです。

まとめ

ストレスは活性酸を発生と自律神経を乱すことで体臭の原因になります。

 

対処方法は「ストレスを溜めないこと」です。いろいろダラダラと長くなってしまいましたが、もっと気楽にゆるく行きませんか?ということがいいたかった・・・。

 

まだ起きていないことに対してあれこれ考えることはストレスを溜めるだけ。それよりも目の前にあることについて見るべきだと思います。

 

その方がシンプルですね。そうすれば今よりも重荷となるストレスがなくなると思います。さらに、体臭も弱くなるから最高です!

 

何だかなぁ・・・(笑)