読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

taoの体臭対策ブログ

気になる体臭の対策方法を調べたり、知った知識を紹介するブログ。石鹸やデオドラント、サプリメントとか効果がありそうなものも紹介しようと思います。

乳酸菌が体臭対策にいいらしい!でも摂取する食品によっては逆効果になることもあるから気を付けて

乳酸菌が体臭対策にいいらしい!でも摂取する食品によっては逆効果になることもあるから気を付けて

どうもこんにちはお久しぶりの投稿です。

 

まぁ、今のところこのブログほとんど誰も見ていないので久しぶりでもないかもしれませんが。。。。

 

でも、きっとGoogleやyahooの検索エンジンさんは「久しぶりだな、おい!」と言っている気がします。

 

さて今日は体臭と乳酸菌の関係についてをご紹介です。乳酸菌と言うと便秘や美容にいいと言われています。それがなぜ体臭に関係しているのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。

 

実は乳酸菌は体臭対策にも役立つんです。

やっぱり凄い奴だった!乳酸菌が体臭を変える

乳酸菌が体臭対策に役立つのは、乳酸菌が持つ整腸作用にあります。この整腸作用によって体臭が弱くなるんです。

 

なぜでしょうか?それは、腸内環境が悪くなると体臭が強くなるからです。

 

腸内には食べ物のカスや便があります。腸内環境が悪くなると、腸内フローラという善玉菌と悪玉菌のバランス関係が崩れ、悪玉菌が多くなります。

 

すると、腸内にある食べ物のカスが異常に発酵したり、腐敗したりしてガスがたくさんでます。このガスがインドールスカトールアンモニアなどの悪臭を放つガスなんです。

 

そのため腸内には悪臭ガスいっぱい。この臭いガスは体にもよくないものなので、当然肝臓で無毒化処理しているのですが、すべてを処理しきれているわけではありません。

 

どうしても処理しきれないガスがあるわけです。そのガスが血管から入ってクサい汗としてでてしまうんです。

 

だから腸内環境と体臭には関係があると言えるんです。

 

乳酸菌には腸内環境を整える働きがあるので、この腸内フローラの乱れによる体臭悪化に役立つというわけです。

乳酸菌を多く含む食品にはどんなものがある?

乳酸菌は食品から摂取することができます。

 

一番有名なのはヨーグルトではないでしょうか?他にもチーズや牛乳などの乳製品にも含まれています。

 

また、漬物や味噌、納豆などの発酵食品にも多く含まれています。

だけど、、、ヨーグルトを食べ過ぎると逆効果になることもあるから注意!

乳酸菌すごい、これから毎日たくさんヨーグルトで乳酸菌とるぞー!と思ってしまったあなた。

 

ちょっと待った!

 

ヨーグルトの摂り過ぎは逆効果になることもありますよ。

 

それはヨーグルトに多く含まれる脂肪が影響しています。脂肪は多く摂り過ぎると皮脂の分泌を多くしてしまいます。

 

もともと臭いがない汗が臭くなるのは皮脂が混ざるからです。それに皮脂の脂肪酸が酸化すると、臭いが強い物質を発生させます。

 

酸化した油が臭いように人間の脂質が酸化した臭いもクサいんです。

 

なのでヨーグルトを食べ過ぎは、腸内が原因の体臭は防げても今度は皮脂による体臭をクサくする原因になってしまうんです。

 

だから食べ過ぎてはいけませんよ。

 

これを確実に避けるのであれば、乳製品から乳酸菌を摂るのでなく、発酵食品から摂るといいです。

 

それに漬物は野菜を使っているので食物繊維も含まれています。食物繊維は乳酸菌の効果を高める助っ人的存在です。

 

そのため漬物で乳酸菌を摂取した方がヨーグルトよりも腸内を整える効果が高いと言えます。

まとめ

乳酸菌は体臭対策にとっても役立つ存在です。ただ、摂取する食品によっては食べ過ぎると逆効果になってしまうこともあります。

 

なので、乳酸菌はヨーグルトよりも発酵食品から摂取した方がいいです。

 

それにもともと日本人は昔から発酵食品たくさん食べていたので体にも受け入れやすいと思います。