読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

taoの体臭対策ブログ

気になる体臭の対策方法を調べたり、知った知識を紹介するブログ。石鹸やデオドラント、サプリメントとか効果がありそうなものも紹介しようと思います。

緊張による汗は体臭の原因になるからご注意を!

緊張による汗は体臭の原因になるからご注意を!

こんにちは、Taoです。

 

私はちょっとしたことで緊張してしまう人種です。初対面の人や何かやる時に人に注目されると心臓がドキドキしてしまいます。

 

そんな時は汗がダラーっと垂れてきて大変。しかも一度出始めたら止まりません。体の水分がなくなるまで出続けるんじゃないかと心配になることもあります。

 

あなたはどうですか?私ほどではないかもしれませんが、似たようなことがあるのではないでしょうか?

 

そんな緊張によく出る汗は注意が必要ですよ。なぜなら、緊張による汗は体臭を臭くする原因になるんです。

 

なぜでしょうか?今日はこの点について詳しく見ていきましょう。

緊張による汗はにおう汗だった!

 汗がたくさん出てくると嫌なものです。でも緊張による汗はもっと嫌かもしれません。

 

その理由はドッと流れるように汗が出るからです。冒頭で私が緊張によって汗がたくさん出て大変だ!というのは、実は誰でも当てはまることなんです。

 

誰でも緊張や興奮をすると汗が水力が弱い古いシャワーのように流れ出ます。そしてこの流れるような汗はにおう汗になってしまうんです。

なぜ緊張による汗はにおう汗になる? 

なぜ緊張による汗はにおう汗になるのでしょうか?

 

それは一気に出ることで、汗にいろんな成分を含んだ状態で出てしまうからなんです。

 

汗は血液が元になるんですが、皮膚上に出る時は99%が水分になっています。なので、余計なものは含んでいません。

 

これは汗を出すときに血液に入っている成分を体内に戻す働きのお陰。このお陰で汗によって貧血にならないんです。

 

ですが、一気に汗を出すようにすると、その働きが間に合わないまま皮膚上に出てしまいます。

 

すると、血液に含まれるミネラルやアンモニア、乳酸などの臭い成分が含まれたにおう汗が出てしまうんです。

緊張によるにおう汗を防ぐにはどうする?

緊張によるにおう汗を防ぐ一番の方法は、「緊張や興奮をしないこと」です。そして、汗を意識すると緊張して余計にかいてしまうので、かいても気にしないことです。

 

でもそんなのかなり強い精神力がないと難しいですよね。どうしても汗をかけば気になってしまいます。

 

そんな時は深呼吸をするといいみたいです。深呼吸にはリラックス効果があるので、緊張による汗を和らげる働きがあります。

 

さらに意識を汗とは別のところに持っていくとさらに効果大です。

まとめ

いかかでしたか?

 

意外なところにも汗をクサくする原因がありましたね。完全に防ぐのは難しいと思います。

 

なので、汗が出たら「仕方ない…」と諦めることも大事。それが結果的に汗を止めることにつながります。

 

体臭対策も奥が深いですね。